男の人

オーダースーツやロシェルで格好良く変身〜ピッタリフィッティング〜

オリジナルの一品

ファッション

オーダースーツは自分に合ったサイズのものを作ることが出来るわけではなく、生地も選ぶことが出来ます。また、テーラーが作成を行なってくれるのですが、テーラーがいる場所を探して依頼をすると良いでしょう。

テーラーに依頼

男性

オーダースーツを作成するにあたって必要不可欠となる人がテーラーとなっており、採寸も行なってくれます。また、オーダースーツにもフルオーダーやイージ、パターンなどがあるので自分の好きな方法を選ぶと良いです。

お洒落音痴

男の人

最近、男のファッションを考える。実は、私はあまりメンズファッションというものにこだわりが無く、休みの日はインドア派ということもあり、部屋着で近くのコンビニまで行くというスタイルが、私の普段のコーディネートでもあった。しかし、ある時を境にしてわたしの行動範囲も広くなった。行動範囲というよりも交友範囲が広くなり、休みの日でも沢山の人とあうようになった。これといってメンズファッション的な服もないので、会社の時に着ているワイシャツ(一応、カジュアルっぽいワイシャツもある)とジーンズの着こなしで済ましている。最近ではロシェルというブランドが人気で身に付ける男性が増えている。ロシェルはシャツやパンツだけでなく、小物も充実しているので、男性誌からも一目おかれるブランドとして話題になっている。

ある時友人に普段が会社勤めでスーツで慣れているなら、オーダースーツだったり、オーダースーツでもカジュアル系を取り入れたりするなどすれば良いのではないかとアドバイスを頂いた。確かにオーダースーツならば、普段からも会社用としておいて置けるし、ワイシャツなどもおしゃれなメンズファッション系カジュアルにしてしまえば、特に、休み仕様の服を用意する必要も無さそうだ。ワイシャツならば、いくつか私も所有している。なんせ、このワイシャツたちがなければ、ここ最近の私のメンズファッションは成り立たない。もちろん、オーダースーツなど一つも持っていない。私の会社の風紀面はスーツ着用だが、カジュアルスーツもOKとされている。大人の服装であればなんでもいいので、オーダースーツでメンズファッションを意識してもおかしくはない。しかも、最近では私のように普段からお洒落に興味ない男子でもオーダースーツとオーダーシャツを着こなすことでメンズファッションを意識したコーディネートが可能だと、いろんな雑誌でも取り上げられているようだ。

魅力がたくさんある

男性

オーダースーツには多彩な魅力がありますが、まずは依頼することが出来る店舗を見つけることが大切です。その場合、インターネットを活用することですぐさま見つけることが出来るでしょう。